料理

我が家の定番メニューを育てよう!

記事内にプロモーションを含むことがあります

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

毎日の食事づくりって、本当に頭を悩まされますね。

アイデアがないときや、疲れている時こそ、我が家の定番メニューを出しておけば間違いなし!
迷わず料理に取り掛かるっていうのが、一番の時短です。さっさと料理にとりかかり、サクッと作って、ペロッと食べて、のんびり過ごしましょう!

最近の私は、更年期のせいなのか、料理への気力が減る一方。
そういう時こそ、新しいチャレンジはほどほどにしておいて、いつもの定番メニューで切り抜けています。

不思議なことに、いつものメニューって家族から苦情は一つも出ないんですよね。

そんなものでいいんだ!的な我が家のメニューを紹介します。

朝食メニュー

基本的には、◎ごはん+みそ汁 ◎パン+スープ のセットです!

おみそ汁のおすすめ具材はこれ!

  • お揚げ ▶いわずもがなですよね。だんだん好きになっていく食材です。
  • 鶏肉ささみ ▶包丁の背で、身の部分を筋からこそぎ取るようにします。たたき胡瓜のように味が染みるし、触感もナイス!
  • きりたんぽ ▶1cmくらいの輪切りにしていれます。おもちっぽくて大人気です。

いつもは拍子切りやいちょう切りにする大根やにんじんを、乱切りにしてみたりもするのも目先が変わっておすすめです。

野菜スープはたっぷり作ります!

●● 基本具材 ●●

玉ねぎ・人参・ピーマン・セロリ・トマト・しょうがすりおろし。

季節によって、ジャガイモ、カボチャ、カリフラワー、コーンなどを足します。

お肉は、ほぼ豚ヒレのブロックを角切りにしたものです。

ローリエと一緒に煮込みます。塩とクレイジーソルトで味付けしています。

ミネストローネ風のスープは、なんというか免罪符的な存在です。
多めに作って、夜にももちろん回します。ヘルシーですし。

次は、我が家の大人気メニューです。

主食:大人気メニューを厳選しました

★★★「小さいおにぎり」★★★

3ツ切サイズのの焼きのりを半分に切り、片ほうの端に醤油をつけ、小さなしゃもじでご飯をのせます。海苔をぺたんと折りたたむと出来上がり。ひと口サイズで食べやすく、子どもが小さい時のおやつにもしていました。韓国のりで作ってもおいしいです。お酒のつまみに出しても知らず知らずに食べちゃいます。おすすめです!

★★★「クレープ」★★★

材料(26cmのフライパンで5枚くらい) ▶小麦粉1カップ、砂糖大匙1、卵1個、牛乳1カップ  ボウルに小麦と砂糖を入れ、泡だて器で混ぜます。そこへ卵を割り入れ混ぜます。続いて、牛乳を入れ、生地を作ります。フライパンで焼きます。

★★★「ドーナツ」★★★

材料(一口大15個分くらい) ▶卵1個、砂糖大匙1、ヨーグルト大匙2,牛乳1/2カップ弱、薄力粉100g、強力粉50g、ベーキングパウダー小さじ1/2
ボウルに卵、砂糖、ヨーグルト、牛乳を入れて混ぜる。そこへ、粉類をふるい入れ混ぜる。一口大になるようにスプーンですくい、170℃の油で揚げる。

今日も一日がんばれるー!!
ママ、ありがとー!

お弁当・休日の昼食

次はお弁当です。こちらもパターンが決まっています。では、どうぞ~!

男子高校生のお弁当メニュー

長男本人のご要望により、焼きそばとキムチチャーハンをローテです(笑) 

マルちゃんのやきそばと、こくうまキムチにお世話になりました!

塩焼そばは、ツナとほうれん草・玉ねぎの組み合わせることが多かったです。

キムチチャーハンのこだわりどころは、付け足す野菜の切り方です。玉ねぎとピーマンを薄切りにすると、キムチの食感を損ねずおいしく出来上がりますよ!

次は、女子高生メニューです。JKは甘味が大事です!

女子高生お弁当メニュー

<メイン/肉バージョン>・豚肉とキャベツのみそ炒め・豚肉とモヤシ炒め・イシイのミートボール

<メイン/魚バージョン>・塩鮭の切り身・ベビーホタテと青野菜の炒め物

<副菜>・もやしのゴマ酢和え・胡瓜の昆布の佃煮のせ(←簡単で美味しい。彩りもよし!)・人参のマリネ

<箸休め/女子高生は甘味が大事>・かんたん大学芋・カボチャサラダ・市販の三色団子

かんたん大学芋は、多めに作って朝食やおやつに回すこともあります。熱していないフライパンに、拍子切りにしたサツマイモを入れます。油大匙1~2(サツマイモの量に合わせる)と砂糖大匙1~2(お好みの加減)を回しかけ、火にかけます。油がパチパチし始めたら火を弱めフタをして蒸し焼きします。こげないように、途中で何度かフライパンをゆすったりして中のサツマイモを動かします。爪楊枝をさしてみて、サツマイモに火が通っているようだったら、少し火力を強め焦げない程度にサツマイモの表面をパリッとさせてでき上があり! 試してみてくださいね。

次は、本当に面倒くさいと思ってしまう、休日の昼食です。麺と丼ものに助けられています。

休日の昼食メニュー

麺メニューは割愛します。丼メニューをどうぞ!

  • たまご丼▶溶き卵に鶏がらスープの素をいれて、スクランブルエッグを作る。ふんわりとした状態の方がおいしいので、火が入りすぎないように最後は余熱で火を通す程度でよい。丼によそったご飯に焼き肉のたれを大匙1ほど回しかける。先ほど作ったスクランブルエッグをのせる。色どりに、ブロッコリーのスプラウトなどをのせる。
  • 豚肉丼▶たまご丼の卵を豚肉に変えただけ(笑)豚肉は炒めてクレイジーソルトで味付けする。もっと野菜が欲しければ、この段階で野菜炒めにしてもいいし、焼き肉のたれののったご飯の上にキャベツの千切りをのせてもおいしいです!市販の千切りサラダでもいいですね。
  • ルーローハン丼▶若山曜子さんの『フライパン煮込み』をアレンジしています。味付けは本のとおりです。若山さんのレシピでは、ひき肉を押し付け焼きしていますが、私は豚肉の中でも比較的脂肪分の少ないヒレ肉を使っています。この本の中の「豚ヒレ肉と野菜のバルサミコ酢煮」、表紙になっている「鶏モモ肉のマスタードクリーム煮」もよく作ります。簡単で、ビストロっぽくて、家族からも好評です!

夕飯メニュー

夕飯の人気メニュー(と勝手に思っている)行きます。

夕食人気メニュー

  • 京都のお酢屋のお酢レシピより、「やわらか!鶏の甘ずっぱ煮」「お酢屋の 麻婆豆腐」をよく作ります。鶏肉は、初めから一口大に切ってある唐揚げ用や手羽中や手羽先などを使ったりもします。お弁当用のおかずにもなります。麻婆豆腐は味付けが最高においしいです。私は絹ごし豆腐が好きなので絹ごしで作ります。子どもが小さい時は唐辛子や豆板醤の量を加減したりしました。大人用には、ニンニクと唐辛子を炒めるときに花椒を加えるときもあります。飯尾醸造さんの『富士ピクル酢』も常備しています。次の日まで待たなくてもその日でも十分においしいです。
  • サラダには『フォロのドレッシング』をかけたら間違いなし!いちばんシンプルに食べるときは、サニーレタス+ブロッコリーのスプラウト。サニーレタスのほうが普通のレタスより栄養素も多そうなので最近ではずっとサニーレタスです、酢味噌和えもおいしいのですよね。サニーレタスがない時は、胡瓜やゆでたキャベツなんかも『フォロのドレッシング』でOKです。飽きずに食べられます。
  • お魚メニューは、干物かパン粉焼き。干物は言わずもがな超簡単ですよね!パン粉焼きは意外と簡単メニューですよね。一つ一つパン粉をつけるのもいいですが、私は耐熱皿に、塩コショウをした切り身のタラやタイなど白身魚やぶつ切りにしたタコなどを入れ、パン粉(この時、パセリのみじん切りやにんにくのみじん切りを混ぜると風味が増しますね)をのせオリーブオイルを回しかけ、オーブンで200~250度で15分前後お任せして出来上がり。見た目もいいですよね。ほかにも、イワシのグリルもよく作ります。調理した水ものを買ってきて、クレイジーソルトで味付けし魚焼きグリルで焼きます。トマトのみじん切りををかけるとさっぱり美味しくいただけます。

まとめ

つい面倒くさいと思ってしまう毎日の料理ですが、作るものが決まり、作業にとりかかると案外スムーズにできてしまうものです。疲れた時ややる気が出ない日こそ、あなたの家庭の定番メニューの出番です。家庭料理の飽きない理由は、味に『ゆらぎ』があるからだと聞いたことがあります。いつものメニューでも、日によっては、少し醤油が足りなかった、みりんがなかったから砂糖でいいか、などの微妙なアレンジが加わります。家族も気づかないその微妙なアレンジが飽きない理由なのかもしれませんね。

どこかで見つけたレシピを何度も何度も作っているうちに、いつの間にか我が家の定番メニューになりました。我が家の定番メニューがどこかのおうちの食卓のヒントになればうれしいです!