エンタメ 映画

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は年齢制限があるのはなぜ?対象年齢いくつで理由を解説。

記事内にプロモーションを含むことがあります

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は年齢制限があるのはなぜ?対象年齢はいくつで理由を解説。

大人気の映画「鬼太郎誕生ゲゲゲの謎」。

PG12という年齢制限のある区分が付いた映画です。

鬼太郎って子どもが見るテレビアニメなのに、年齢制限があるのはなぜ?

子どもが鬼太郎が大好きなんだけど、対象年齢ってどれくらいなんだろう?

もしかして、怖いシーンがたくさんあるとかが理由なのかしら?

そんな風におもわれている保護者の方も多いと思います。

この記事では、鬼太郎誕生ゲゲゲの謎に年齢制限があるのはなぜ?対象年齢いくつで、その理由について解説します。

お子さんと鬼太郎誕生ゲゲゲの謎を観に行っても大丈夫かな?と迷っていらっしゃる場合の判断基準のお手伝いができれば幸いです。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎 年齢制限があるのはなぜ?

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は年齢制限があるのはなぜ?対象年齢いくつで理由を解説

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎 年齢制限PG12指定とは?

鬼太郎って子供向けのアニメじゃないの?年齢制限なんてあるの?

そう思った方も多いと思います。

「鬼太郎誕生ゲゲゲの謎」は、小学生以下の子どもでも入場・鑑賞はできます

ただし、小学生には刺激の強いシーンが含まれているので保護者のフォローが必要となる映画です。

この映画のレーティング、映画の年齢制限や視聴する際の判断基準のことですが、『PG12』となっています。

『PG12』のPGとは「ペアレンタル・ガイダンス」の略で、PG12の映画は、刺激的で12歳未満の子どもが鑑賞するには不適切な内容もふくまれているので、小学生以下の子どもが見るときには、親または保護者の助言や指導が必要ですよという意味です。

絶叫もののホラー演出も、大人であればすぐに忘れられるけど、子どもは夜に思い出して怖くなったり、自分の身にも同じようなことが起こってしまうのではないかと不安に思ったりします。

可能な限り同伴して、お子さんが恐怖を感じるときは手を握ってあげたり退席を促してあげたりと、安心して映画を楽しめるようにしてあげられるとベストですね。

そういう時に、「怖かったね。お母さんも怖かったよ」とか「一緒にいるから大丈夫だよ」と抱っこをしてあげたりする。

未成年の飲酒や喫煙シーンも「映画のなかのお話だよ」ということも伝えてあげる。

「PG12だから見せない」「子どもが見たがっているから後ろめたい気持ちでみせる」というのではなく、子どもの成長段階に寄り添いつつ、映画の世界観を楽しめるように大人が適切にフォローする、そういうタイプの映画なのです。

ちなみに『R15・R18』などのR指定はよく知られていると思いますが、こちらはRestricted(観賞制限)という意味なので、R15であれば15歳未満は入場・鑑賞が禁止になりますよ。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎年齢制限された理由は?

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎が、PR12に指定されたのは「簡潔な殺傷・出血の描写がみられる」ことがその理由です。

実際に、口コミでも「思ったよりスプラッター映画だった」「残虐シーン満載」というような感想があります。

また、戦争直後の日本の悲惨なまでに弱者が搾取される構造の表現など、あまり子どもには見せたくないシーンも見られます。

今回の「鬼太郎誕生ゲゲゲの謎」は大人向けに作られた作品なので、子供向けの「ゲゲゲの鬼太郎」とは別のものと考えたほうがよさそうです。

それでも、鬼太郎誕生にまつわる二人の父の話は「観てよかった」「もう一度観たい」という声の多い作品です。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎以外でPG12指定された作品は?

これまでに、PG12に指定された作品には

  • 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編
  • ブレイブ 群青戦記
  • 銀魂 THE FINAL

などがあります。

鬼滅の刃も「刀剣による殺傷や出血の表現がみられること」からPR12になりました。

このPG12などの映画のレーティングのシステムは日本だけのものではなく、若干の違いはありますが、世界的に取り入れられているシステムです。

たとえば、「ハリーポッター」なんかも、全作品中の4作は、アメリカではPG13に区分されていて、13歳未満の鑑賞には保護者の強い同意が必要となっているそうです。

「これは映画だから」という判断ができるまでは、大人(保護者)が助言をしながら映画を楽しんでほしい、そして、子どもの心を守りつつ、映画の表現の幅も狭めないという観点から生まれた考え方になります。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎 対象年齢いくつで理由を解説。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は年齢制限があるのはなぜ?対象年齢いくつで理由を解説

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎 何歳くらいの子どもなら大丈夫?

大前提として、鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は大人向けに作られた作品で、子ども向けのアニメ作品ではありません。

残酷なシーンもあるので、鑑賞するのであれば、高学年のお子さんくらいからが妥当でしょう。

残酷なシーンや人間の業や醜さといった邪悪なものがあるものの、それでも立ち向かって生きていくぞ、というメッセージを受け取るにはやはりそれくらいの年齢があった方がいいですよね。

しかもこの映画、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪たち、なんなら鬼太郎すら出てこないのです。

鬼太郎の仲間の妖怪が大好きってお子さんは、まずは全年齢向けの「ゲゲゲの鬼太郎アニメシーズ」からはじめてみてはいかがでしょうか。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎 子どもと見る前に注意しておきたいことは?

注意しておきたいことは次の2点です。

  • 映画館の座席は、通路側やドアに近いところを予約する
  • ゲゲゲの鬼太郎アニメ第6期の①、できれば「墓場鬼太郎」の予習をする

1.映画館の座席は、通路側やドアに近いところを予約する

子どもって、「怖いシーンのある映画だけどどうする?」って聞いても、その時の興味で「大丈夫!見る!」って張り切ってしまうことってありますよね。

「大丈夫と思ったけど、やっぱり怖いからもう出たい」と映画が始まった後に言えるお子さんであれば大丈夫ですが、高学年くらいになると、変に格好つけて我慢してしまう場合もあるかもしれません。

時には「大丈夫?」「いったん外に出ても大丈夫だよ」という声かけができるといいですね。

そして、通路側の席や退出ドアに近いところの席を予約するとスムーズに退席できますよ。

2.ゲゲゲの鬼太郎アニメ第6期の①、できれば「墓場鬼太郎1話」の予習をする

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は、ゲゲゲの鬼太郎第6期の前日譚に位置付けられています。

つまり、この映画を見ることで、ゲゲゲの鬼太郎第6期の①の世界観がグッと迫ったものになってくるのです。

そして、物語の主役は、鬼太郎の父と水木という二人の男になります。

鬼太郎の父は、のちの目玉オヤジ、映画の中ではまだ人間です。

そして水木という男は、のちに鬼太郎の育ての親となる人物なのですが、原作「ゲゲゲの鬼太郎」の前身「墓場鬼太郎」のころから出ているキャラクターなのです。

この二人の「鬼太郎の父」の設定が映画の中に、うまく取り入れられていて、映画をより深いものにしているのです。

映画を見る前に、少なくともゲゲゲの鬼太郎6期の①をみているともっと楽しめると評判になっています。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎 口コミ・感想

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は年齢制限があるのはなぜ?対象年齢いくつで理由を解説

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎の口コミを紹介します。

皆さんの口コミを見てると、仮に子供を連れていくのが無理だとしても、自分だけでも行きたくなってきます。

我が家の中学生の娘もお友達と鑑賞してきましたが、とても感動したので何回も見に行きたいと言っています。

ちなみに、娘はお化け屋敷が苦手なのですが、鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は平気だったようです。

5回、8回と見に行っている方もいるだなんて、ますます気になりますね!

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は年齢制限があるのはなぜ?対象年齢いくつで理由を解説まとめ

話題の映画「鬼太郎誕生ゲゲゲの謎」。

年齢制限があるのはなぜかというと、

  • 12歳未満の子どもが見るには、殺傷や出血などの刺激の強い描写がある
  • 映画の世界観を楽しむには、保護者のフォローが必要な作品である

ということです。

対象年齢は、お子さんの成長段階によりますが、小学校高学年くらいの方がより映画のメッセージを受け取ることができそうです。

また、妖怪のキャラクターが大好きだというお子さんは、テレビアニメの「ゲゲゲの鬼太郎」から始めてみるのも良いでしょう。

この記事では、鬼太郎誕生ゲゲゲの謎は年齢制限があるのはなぜ?対象年齢いくつでその理由について解説しました。

小さなお子さんを連れていくのが難しそうだとしても、大人だけでも見ておきたい名作の予感がしますね。

私も近々映画館に行ってこようと思います!