エンタメ

SixTONESペンライト電池の種類は?電池交換の方法も解説!

記事内にプロモーションを含むことがあります

当サイトの記事内では、アフィリエイト広告を掲載している場合があります。

SixTONESペンライト電池の種類は?電池交換の方法も解説!

ついにSixTONESのライブに参戦することが決まったなら、思う存分、ペンライトでライブを盛り上げたいと思いますよね!

ライブの途中でペンライトの電池が切れるなんて悲しすぎます。

そのためには、SixTONESペンライト電池の種類や本数、はたまた電池交換の方法を確認しておくことが必要です。

しっかり準備をしておけば、途中でペンライトの電池が怪しくなっても対応できます。

この記事では、SixTONESペンライト電池の種類や本数、電池交換の方法について解説します。

SixTONESのライブを100%楽しむための参考にしていただければ幸いです!

SixTONESペンライト電池の種類は?

SixTONESペンライト電池の種類は?電池交換の方法も解説!

SixTONESペンライト電池の種類は?

SixTONESペンライト電池の種類を調べてみたところ、ほとんどが単4の電池×3本でした。

ラフストの時のペンライトの情報がありませんでしたが、大きさから考えてボタン電池の可能性は少ないかなと思います。

以下、表にまとめました。

チェンエラ単4×3本
TrackONEIMPACT単4×3本
oneST単4×3本
feel da city単4×2本
慣声の法則単4×3本
VVS単4×3本

電池だけに気がいきがちですが、ドライバーも必要ですね。

ペンライトのような小型電化製品はねじ穴が小さいので、普通のドライバーでは穴がつぶれてしまうこともあります。

できれば「精密ドライバー」を準備しておくといいですよ。

100均でも売っているので、忘れない内にチェックしておきましょう

忘れそうな人は、今すぐに購入しておくといいですよ!

SixTONESペンライト電池はどれくらいもつ?

アンケートをご覧ください。

2公演目の途中で光が弱くなるパターンもあるのですね。

連続して参戦する場合は要注意!

ペンライトの電池が切れたら焦りますよね。

もちろん、ファン同士で助け合うこともできると思いますが、自分でも準備しておくと安心できますね。

SixTONESペンライト電池交換の方法についても解説!

SixTONESペンライト電池の種類は?電池交換の方法も解説!

SixTONESペンライト電池交換の方法は?

ペンライトの電池交換の方法を解説します。

ペンライトの電池交換はとても簡単ですよ。

  • ドライバーと電池を用意する
  • ドライバーでねじをあける
  • カバーをあけて電池を交換する

ねじはとても小さいので見失わないように注意しましょう。

自宅で交換する場合は大丈夫でしょうが、ライブ会場で交換する場合、ねじを落としてしまったらもう見つけることはほぼ不可能と思った方がいいですよ。

とくにネイルなどをしていると、小さいものはつまみにくいですよね。

細心の注意を払いましょう。

仮に落としてしまっても、電池がちゃんと接触していれば、カバーがなくてもライトはつくことがほとんどです。

見かけは悪くなってしまうかもしれませんが、必要以上にくよくよせずライブを楽しんでくださいね。

ねじがなくなってもシールで対応できるのですね。

ライブが終わって落ち着いたら、ホームセンターに持っていけば、同じサイズのねじが売っているかもしれませんよ。

SixTONESペンライト電池交換の時に気をつけることは?

電池交換の時に絶対に気をつけないといけないことは、ねじ山をつぶさないということです。

特に、ペンライトのような小型の電化製品の電池交換部分のねじってとっても小さいですよね。

普通のドライバーで力任せに回してしまうと、ねじ山がつぶれてしまってどうにもできなることがあります。

そうならないように、できるだけねじ山のサイズにぴったりのドライバーや、精密機械用のドライバーを使いましょう。

SixTONESペンライト電池交換失敗してしまった場合は?

もしもペンライトのねじ山がつぶれてしまった場合は、次のような方法があります。

  • 太めの輪ゴムをつぶれたねじにあててその上からドライバーを使う
  • ねじすべり止め液「ねじやま救助隊」を使う

どちらも、ねじとドライバーの間の摩擦をたかめる方法です。

ねじ山がつぶれてしまうと、ドライバーがねじの中で、スカッと滑ってしまいますよね。

そうならないように、ゴムを間に挟んだり、液体を流し込んで、ねじとドライバーが滑らないようにするのです。

瞬間接着剤を流し込むという方法もあるようですが、そうするともうねじもドライバーも使えなくなってしまうので要注意ですよ。

小さなねじを使用した小型家電製品って家の中に結構あるので、ひとつ持っておいても損はなさそうですね!

SixTONESペンライト電池の種類は?電池交換の方法についても解説!まとめ

SixTONESペンライト電池の種類は?電池交換の方法も解説!

いかがでしたか?

この記事では、SixTONESペンライトの電池の種類や本数、電池交換の方法について解説しました。

この記事でご紹介したことをまとめると、下記のようになります。

  • SixSTONESのペンライトの電池はほとんどが単4×3本
  • ライブ途中の電池切れに備えて予備の電池とドライバーがあると安心
  • 電池交換の際はねじ山がつぶれないように注意する
  • ドライバーは精密機械用のドライバーをつかうといい
  • ねじ山がつぶれてしまったらねじすべり止め液の使用が効果的

SixTONESのライブ参戦の準備をする時の参考にしていただければ幸いです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。